St Lukes Clinic
  St Lukes Clinic

◆◆◆Vaccine◆◆◆


当クリニックはハワイ州で最もワクチンが完備されたクリニックです.

打つべきワクチンは国によって異なります。

渡航先の国ごとに詳しいアドバイスをいたします。


旅行医学

アメリカ合衆国CDC (アメリカ疾病予防管理センター)は旅行先の地域毎に受けるべきワクチン投薬                の勧告を行っています。ご旅行前にご相談ください。


CDCの渡航先国別ワクチン勧告↓



http://wwwnc.cdc.gov/travel/destinations/list.aspx





















当院で受けられるワクチンリスト

  


黄熱病とは、、、

黄熱病はアフリカ、南米の一部に常在します。

蚊が媒介。発熱と肝障害による黄疸を伴うことからこの様に名付けられております。

アフリカでは入国をする際予防接種が義務づけられている国があるので

予防接種を受けないと入国できない国もあるので注意が必要です。

予防にはワクチン接種が有効な手段です。感染地域は比較的限局されておりますので、これらの地域に渡航するひとはイエローカードの要否にかかわらず接種することが大事です。

感染多発地域に渡航するときはワクチン接種はもちろんのこと、とにかく蚊に刺されない様最大限努力することです。

外出時は長袖長ズボンをはき、虫除けスプレーをしっかり使ってください。


1441 Kapiolani Blvd .,Suite #2000 Honolulu, Hi 96814

Tel 808-945-3719  Fax 808-945-3629

例:国によって違います

      中国の場合


マラリア予防薬


雲南省 : Atovaquone/proguanil

              doxycycline



海南省:Atovaquone/ proguanil,       

              doxycycline

              mefloquine



安徽省、貴州省、河南省、湖北省

              Atovaquone/proguanil

              chloroquine

              doxycycline

              mefloquine

              primaquine

A型肝炎

B型肝炎

Td(破傷風、ジフテリア)

Tdap(破傷風、ジフテリア、百日咳)

MMR(麻疹、おたふく風邪、風疹)

インフルエンザ

肺炎双球菌

水痘

髄膜炎

HPV(ヒトパピローマウイルス)

日本脳炎

黄熱病

帯状疱疹

腸チフス




黄熱病のワクチンは一般の診療所では扱っておりませんが、当クリニックはハワイ州で唯一の黄熱病ワクチン指定医療機関として、ワクチン注射を行っております。


特定地域への入国にはWHOによって予防接種が義務付けられており、これらの国への入国の際にイエロカード(予防接種証明書)が要求されます。下記の国への入国以外でも、流行地域を経由してきた場合に提示を求められることもあるようです。アフリカや中南米に渡航する人は必ず大使館か領事館にお問い合わせください。


イエローカードの有効は接種後10日から10年間です。(再接種の方は接種直後から10年間)

入国者すべてにイエローカードを要求している国は


ブルキナファソ、カメルーン、中央アフリカ、コロンピア、コンゴ、コートジポアール、フランス領ギアナ、ガボン、ガーナ、リベリア、マリ、モータニア、ニジェール、ルワンダ、サントメ、プリンシペ、トーゴ、ザイールです。







黄熱病ワクチンについて

    ←HomeWelcome.html
    ←DoctorsDoctors.html
  ← Clinic GuideClinic_Guide.html