St Lukes Clinic
  St Lukes Clinic



アメリカ海兵隊を考える


世は就職難である。そうでなくても就職側はピッキーだ。出来るだけ感じがよく、有能でニコやかな人が採用になるのに決まっている。誰が、乱暴者で腕っ節だけが強く、物事を拳骨で解決するような人間を雇うだろうか?

 ところが、世の中よくしたもので、そんな危ない人ばかり欲しがる企業がある。 アメリカ海兵隊である。乱暴者、結構!人をすぐなぐる、ますます結構!!

海兵隊のリクルーターは、地域の鼻つまみの暴力的若者を、実に涎を垂らさんばかりに欲しがる。リクルーターの口車に乗せられ、乱暴者がうかうかと海兵隊に入ろうものなら、まず数ヶ月はどこかに連れて行かれ一切消息が取れなくなる。そして1年程して、もう一度会うと、別人のごとく変貌した乱暴者。背筋はピンとのび、目は鋭く、無口で礼儀正しい、絵に描いたような海兵隊員の出来上がりである。人の言う事を聞かない反抗する青少年を、どうしたらこんなに変えられるのか、考えるだけでも恐ろしい。


 私はアメリカ海軍で研修をしたのだが、海軍に鉄砲担いだ陸軍軍人がいるのにお

どろいた。

"海軍なのに、どうして陸軍がいるのですか?”海軍士官に聞くと、

"ああ、連中はMarineです。海軍の兵隊です。”との事。ただし、海兵隊員にこの会話を話すと、泣いて怒る。

"いいですか、我々は海兵隊です。海軍の一部ではなく陸海空とならぶ、独立した軍隊なんです。海軍はわれわれが運搬につかっているタクシーみたいなものです。本当の戦争は我々がやり、土地を占領すると後は弱い陸軍でも出来るから引き渡すのです。”


 海兵隊員が泣いて怒るもう一つの事は彼らの髪型である。坊主頭なのだが、これを坊主頭というとひどく怒る。

"いいですか、よく見て下さい。頭のてっぺんの毛は少し長いでしょう。これを Marine Cutをいうのです。坊主頭のようなダサイ髪型と一緒にしないでください。” 


 一度海兵隊員になると、一生海兵隊員だとはよく言われる。若い頃に硬派な体育会系の集団で男を磨くと、その路線にはまって一生でられないという事らしい。海兵隊員が嫌いな言葉は、痛い、怖いで、これらの言葉を同僚の前で吐くくらいなら死んだ方がましと考える海兵隊員は多い。


 ある時、腕に怪我をして傷口がぱっくり空いた海兵隊員が同僚達と一緒に救急室に来た。

"ドクター、済みませんが麻酔なしで縫ってくれますか?” 

そこで私は麻酔無しで傷口を縫合した。最後に糸をハサミで切ると、腕組みをして取り囲んで見ていた海兵隊員の同僚達はホーッと思わずため息を着き、傷を縫ってもらった海兵隊員はどうだとばかりに鼻高々。男を上げた事になったらしい。


 痛い、怖いが禁句の海兵隊員を恐怖で引き攣らした事がある。

ある時、救急室に女とけんかをして噛まれた海兵隊員が怒りながらやって来た。

狂犬病の注射をうって欲しいとの事。

"あの馬鹿女、狂っている。狂犬病かなんかにかかっているに決まっている。予防のワクチンうってください。”

甚く興奮しながら要求する海兵隊員に、

"始めに言っておいた方がよいと思っていいますが実は、私は新米の医師で、いままで注射を一回もうった事がないのです。”というと、さすがにギクッとしたが、そこはあれ、怖い、痛いをいうのが大嫌いな海兵隊員、大声でいった。

"ドクター、大丈夫ですから、うって下さい。"

そこで、私はワクチンを準備し、打とうとしたが、緊張して手が震えてしまい、冷や汗ビッショリだった。どうさして良いものか、私は少し刺し、ちょっと戻してやり直し、つまりためらい傷を何度も繰り返したあげく、エイッとばかりに深く刺したら骨に当たってしまった。そこでゆっくりと注射を戻し、じーっと考え込んでしまった。

ふと見ると、海兵隊員は汗をタラーッとかきながらその瞳 孔は恐怖で開ききっていた。今なら5秒で終わる注射を新米の私は15分かけてうってしまったのだ。あれだけ感情的だった海兵隊員も、恐怖の後の虚脱感でふらふらと帰っていった。


 海兵隊員がいやがる事はまだある。英語で海兵隊はMarine Corpsというが、これを間違えてMarine Corpseと最後にeをつけると海兵隊員は泣いて怒る。(Corpseは死体の意味)もっとも海軍に言わせると激戦部隊のMarineは死亡率が高い為、おそかれ早かれCorpseになるから、別にcorpseといっても構わないとの事である。


 軟弱な流行社会のなかで、頑なに男道を追求するアメリカ海兵隊。

アメリカの為、頑張って欲しいものだ。


内科医 小林 恵一

聖ルカクリニック

1441 Kapiolani Blvd .,Suite #2000 Honolulu, Hi 96814

Tel 808-945-3719  Fax 808-345-3629

    ←HomeWelcome.html
    ←DoctorsDoctors.html
  ← Clinic GuideClinic_Guide.html

小林 恵一、M.D.,

連載第一回 ---アメリカ海兵隊を考える

Next

DR.K_Vol.2.html
連載第二回 ---犬も歩けば喰われないの巻DR.K_Vol.2.html